良い広告の条件とは、ずばり「シズル」である

良い広告の条件とは、ずばり「シズル」である
シズル感のある広告で、熱を叩き込め!!




本記事は、ザ・コピーライティングという書籍を8ページだけ読んでみたらかなり良いことが学べたので、勢いで書いたものです。

シズルとは良い広告に必須な要素である

シズルとは

《原義は、油で揚げたり、熱した鉄板に水を落としたときに、じゅうじゅう音を立てるさまの意》広告表現で、消費者の五感に訴えて購買意欲をそそる手法。また、購買意欲。「都市生活者のシズル」「シズル感」

要するに、文字を読んでいるだけなのに、あたかも実際に体験しているように感じさせる技術です。
購入後の読者の快感を疑似体験させるような絶妙なコピーを書くだけで、広告のコンバージョン率は爆発的に上がります。

シズルによって、熱意がはしかのように人に伝染する

麻しんは「はしか」とも呼ばれ、パラミクソウイルス科に属する麻しんウイルスの感染によって起こる急性熱性発疹性の感染症です。麻しんウイルスは人のみに感染するウイルスであり、感染発症した人から人へと感染していきます。感染力は極めて強く、麻しんに対して免疫がない人が麻しんウイルスに感染すると、90%以上が発病し、不顕性感染は殆どないことも特徴の1つです。

ライターが感動するような商品に出会った時は、大きなビジネスチャンスです。
というのも、その感動の熱をそのまま文章に落とし込めば、他の人には真似できないオリジナリティ溢れる魅力的な広告が出来上がるからです。
はしかの感染率が90%であるように、あなたの熱意も90%の人には伝わることでしょう(その後何%の人が実際に動くかは定かではありませんが)

暴走する機関車のように、イキイキとしたコピーを書こう

広告やコピーライティングにもいくつかの理論や定石がありますが、結局のところ読むのは人です。

決まり切った演出に頼りきりの地方番組よりも、演者の勢いを活かした全国ネットのバラエティ番組の方が面白いのと同じように、決まり切った定型文は一定の効果が期待できますが、爆発力は期待できません。

あとで冷静に読み返して、批評する人たちに反対されそうな箇所を削れば良い

批評が集まるということは、それだけ多くの読者に届いた証でもあります。

とはいえ、一定層の読者が不快に思う広告は良い広告とは言えません。

まずは自分の感動を友人と共有するつもりで書きなぐり、あとで冷静になってから粗探しをしつつ作品としてまとめあげましょう。

広告をテストするための指標は用意しておこう

書きっぱなしの広告はなんの意味もない

全ての広告に、それぞれの効果が数値として評価できる手段を入れ、手間暇かけてそれらを分析しましょう。

幸いなことに、現代社会ではGoogleAdsenseやGoogleAnalyticsなど多くの分析ツールが自動でデータを集めてくれ、少しの手間をかけるだけで膨大なデータを分析することができます。

PDCAより高速にLALALAL…をまわせ!!

よく巷では「PDCAをまわす」と言います。

  1. Plan(計画)
  2. Do(実行)
  3. Check(評価)
  4. Action(改善)

の順番で繰り返して、改善を重ねていく方法です。
詳しくはこちら

でも、シズル感のあるできたてホヤホヤな文章を書くためには、4ステップは少し多い気がします。
そこで僕がオススメするのがLALALALALAL….です

  1. Learn(学ぶ)
  2. Action(行動する)
  3. Learn(行動した結果から学ぶ)
  4. Action(学んだ結果から最適な行動をとる)

という順番で、とにかく行動しまくって改善を図る方法です。

Don’t think! Feel.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください