大学生がブログで書くことなくなったらその日に使ったモノ・サービスを紹介しろ

ブログに書くことがない大学生

ブログは稼げるって聞いたから始めてぶっちゃけ書くことねえな〜
大学生だから発信するほどの経験も無いし
モチベーション下がりまくりんぐ
なら自分がその日に使ったモノ・サービスを紹介してみましょう

 

どーも、不動産エンジニアの蝦名(@ebijun_re_tech)です! 4年通っていた大学生活もそろそろ終わりにさしかかっています。

僕は昨年の10月にBlog Hacksを購入したことをきっかけに本格的にブログを始めまして、4ヶ月目の今でさえそこそこ人生が変わってきているので、やっぱりブログは素晴らしいな〜と感じています。

 

 

さて、今日のトピックは「大学生なんだけどブログに書くことなくて困っています。どうすればいい?」というあるあるなお悩みに答えちゃいます。

大学生がブログで書くことなくなったらその日に使ったモノ・サービスを紹介しろ

いやいやそんなの書いたって需要ないっしょ?
と思われるかもしれませんが、需要なくてOKです。
ていうか絶対どこかしらに需要あります。

大学生という1つのブランドを活かす

そもそも大学生っていう時点で1つのアドバンテージなんですよね。

理由としては、世の中に大学生は大量にいて、その大量の大学生が同じ「大学生」というくくりで情報を探しているからです。

例えば、大学生のあなたがネットで服を探すことを想定します。

「アウター」
「大学生 アウター」

あなたならどちらで検索しますか?

もしあなたが「自分はそんじょそこらの大学生とは似ても似つかない!」というのであれば難しいかもしれません。そうだったらごめんなさい😭

でももし、自分はありふれた大学生のうちの1人だと思っているなら、それはあなたの大きな武器になります。

大学生+αで土地や文化も織り交ぜるとさらに効果的

大学生というだけで1つのブランドですが、そこに+αで他の要素を加えるとさらに効果的です。

例えば僕は青森県→北海道とずっと雪国で育ったので

「大学生 アウター 防雪」とか、ワードを絞り込むことでさらに自分の価値を高めることができます。

ここで大事なのって、当たり前に価値を見出すことなんですよね

普段使っているモノだからこそ価値を見出すことが大事

普段使っているモノだからこそ価値を見出すことが大事

では本題に戻ります。

あなたが今日使ったモノ、着ていた服、利用したサービス

ずっと使っているものにはあまり有り難みを感じないかもしれません。

しかし、他の人から見たら実はすごく便利なものかもしれない。斬新なサービスかもしれない。

冒頭でも言いましたが、世界広しなのでどこかしらに必ず需要はあります。

どんなモノでもAmazonを探せば広告を貼ることができますし、だいたいのサービスはASPを探せば見つかります。

もしなくても、ライティングの練習だと思えばノーリスクハイリターンです。

まずは動いて、3ヶ月伸びなかったら始めて悩もう

僕のモットーでもあるんですが、とりあえず動いてみましょう。

ブログの維持費なんて安いものですし、記事が伸びなかったからってダメージを受けるわけでもありません。

とりあえずなんでも良いから書いてみて、結果が出なかったらリライトするなり削除するなり、悩み始めましょう。

むしろ書くことがないからといって何もせずぼーっとしてるのが一番勿体無いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください