【必読】沈黙のwebマーケティングを読了したのでレビュー

沈黙のwebマーケティングとは、Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく漫画仕立てで解説している作品です。Webマーケティングの初心者が基本や考え方を学ぶには最適な実用入門書だと思います。

先に本の情報を書くのが定石ですが、ググれば出る情報なのでレビューを先に書きますね🙂


沈黙のwebマーケティングを読了したのでレビュー

タイトルとしてはwebマーケティングを学ぶための実用書ですが、中身はブロガーにも役立つ本です。

ブログで検索上位を取って自社製品(作中では家具)を売るための方法をマンガ形式で解説しています。

マンガなのでサクサク成功して上り詰めて行くので、ちょっと現実感がないよな〜とは思います。とはいえ、作中で解説されているノウハウは本質的なもので、ブログ初心者でも真似しやすいものです。マンガのようにサクサク成功はできなくても、時間をかけてコツコツやってれば自ずと結果は出る気はします。

要点はマナブログにだいたい書いてる

マナブログ(https://manablog.org/)とは坂内学さん(以下、マナブさん)が運営している個人ブログです。

マナブさんは、ブログ収益で7桁稼ぎつつ、今はyoutubeにも進出して年収1億を目指しているとんでもない人です。

マナブさんのブログはかなり参考になるので、ブログで稼ぎたい人はブックマークして隙あらば読み漁ることをオススメします😌

というわけで、一旦マナブログを読んでみて、もっと章立ててしっかり学びたいと思ったら本を購入すればOKです。

沈黙のwebマーケティングとはどんな本?

沈黙のwebマーケティングの内容紹介

Webマーケティングの実用入門書!

人気コンテンツに解説記事を加えて書籍化数多のWebサイトを救ってきた伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。

本書は、Web上で連載され大人気を博したコンテンツの書籍化企画です。 連載ストーリー全9話に、本書の書き下ろしとなる本編ストーリーのエピローグとWebマーケティングの基本解説を加えています。

解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、コンテンツマーケティングの極意など、 Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。

ストーリーを読み、解説記事を通じて理解を深めることで、 Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。

沈黙のwebマーケティング〜解説記事目次〜

  1. 現在のSEOの潮流を押さえる
  2. ガイドラインを順守したサイトづくり
  3. 人工リンクのペナルティを解除する
  4. Webデザインの本質は“言葉”
  5. セールスレターで気持ちに訴えかける!
  6. マイナスをプラスに転換する!
  7. 人間心理に響くコンテンツを作れ!
  8. 感情を動かすコンテンツを作る!
  9. ソーシャルメディアに露出起点を!
  10. 503エラーは重大な機会損失!

各章をざっと解説すると

  1. 検索上位を取るための記事の書き方
  2. ペナルティに引っかかって順位が下がることを防ぐ
  3. もしペナルティに引っかかってしまった場合の対処法
  4. 読者に読まれるような記事の書き方
  5. 読者を動かすような記事の書き方
  6. 競合サイトの対処法
  7. オリジナリティを出す方法
  8. 「面白い」コンテンツを作る方法
  9. 検索流入だけじゃなく、SNSでの拡散も狙う
  10. ブログが伸びて、アクセス負荷が大きくなってきたときの対処法

ブログ記事の基本→SEO対策→ファンを増やす方法→競合対策→オリジナリティを出す→トラブル対策

といった流れでwebマーケティング(あるいはブログ)初心者が運用できるようになるまでのストーリーです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新卒で入社前にロシアに飛ばされかけたので、内定を辞退し、なんやかんやWeb系エンジニアとして就職先が決まりました。飽き性で、ずっと同じ場所に住んでいると嫌になるので、色々なところを転々して旅しながら生きるのが夢です。