【人生のチート】大学生は読書をしとけば人生ヌルゲーになる

【人生のチート】大学生は読書をしとけば人生ヌルゲーになる

読書は、自分より頭の良い人が数十年かけて得た知見を数時間で習得できる、人生のチートです。また、大学生の50%は読書をしていないので、読書をするだけで50%の大学生より上に立つことができます。

人生の夏休みを満喫する大学生

大学生活暇すぎわろた やることないンゴね〜
そんな人は読書しましょう
本記事で読書のメリットと、読書を続けるコツを紹介したいと思います。
えび

僕は大学4年生で読書に目覚めて、年間で300冊ぐらい読みました。1年生のころからもっと本を読んでおけば良かったな〜と後悔しているので、本記事で読書のメリットと、読書を続けるコツを紹介したいと思います。

大学生の大半は読書をしていない

大学生の大半は読書をしていない

1日の読書時間は平均23.6分(前年-0.8分)と3年連続減少となった。また1日の読書時間が「0」分の割合は53.1%(文系48.6%・理系54.5%・医歯薬系62.6%)と、前年から4.0ポイント増加し、5年間で18.6ポイント増となった。

全国大学生活協同組合連合会の調査によって、大学生の半分は読書をしていないことがわかりました。

これはとても残念なことですが、この情報を得た人にとってはチャンスでもあります。

 

あくまで僕の個人的な意見ですが 読書ほど手軽に、他人と明確な差をつける方法はない と思っています。

 

周りの半分以上が読書をしていないわけですから、周りと差をつけるチャンスなわけです!

 

大学生に読書を進める理由

読書は人生のチート

読書は人生のチートである

端的に言うと、読書は人生のチートです。

 

そもそも、本というのは「自分より圧倒的に頭の良い人が、圧倒的な作業量で、とんでもない時間をかけて書いたもの」です。

 

つまり、「本」とは人生における「神データ」でして、「読書」という「インポート作業」を通して自分のステータスがぶち上がります。 しかも、何冊でもインポートして良いというぶっ壊れ仕様なので、ステータスが上げ放題です。

 

あれ?読書がしたくなってきたんじゃないんですか?

 

読書のコツ

自分に合っている本を探す

読書を続けるためには「自分に合っている本」を探しましょう。 僕は以下のチェックリストで本を選んでいます

  • 前に読んで面白かった作者の本
  • 今自分が学んでいることが書いてある本
  • 自分の憧れの人が読んでいた本

 

また、できれば「新しい情報が得られそう」な本を選びましょう

 

適当に読む

読書のコツ

読みたい本が見つかったし、さあ気合いを入れて読むぞ!! と、勢いで読むのも良いですが、多分長続きしないと思います。

読書は「適当に読む」ぐらいでちょうど良いです。 目次を見て気になった部分を読んでも良いですし 適当にパラパラめくって気になったとこを読むことで、飽きずに読書をすることができます。

というか、飽きたら読書はやめて、他の作業に移りましょう。ダラダラ読書は時間の無駄です

 

そもそも読書をする時間がない

読書をする時間がない

読書をする時間がないですって? そんな人はAudibleを利用して「ながら読書」をしましょう。

Audibleとは、「耳で聴く読書」で、移動中や軽作業中でも隙あらば読書をすることができます

 

まずは下記ボタンから、無料体験!!

3 件のコメント

  • […] 【人生のチート】大学生は読書をしとけば人生ヌルゲーになる […]

  • 実質無料で読書をしまくる方法 | えびでんす にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    青森県出身。公立はこだて未来大学に進学し、プログラミングを学びました。新卒で入社前にロシアに飛ばされかけましたが、なんやかんや都内でWebエンジニアとして働いています。色々なところを転々と旅しながら生きるのが夢です。