満員電車はクソだけどAudibleがあればそれだけで最高




どーも、新卒エンジニアのえびじゅん(@ebijun1007)です!

北海道で大学生をしていた僕ですが、いよいよ東京に引っ越してきて満員電車に揺られる日々が始まりました。就活時点で満員電車は嫌という程味わいましたが、業種柄(エンジニア)どうしても進路が東京になりがちなので、嫌々ながら通勤しています。

ですが、身動きが取れない時間が強制的に生まれるのは決して欠点だけではなかったです。

というのも、Audibleを聴いてれば割と集中できますし、時間もあっという間に過ぎていきます😌


満員電車はクソだけどAudibleがあればそれだけで最高

満員電車はクソだけどAudibleがあればそれだけで最高

家でリラックスしてる時にAudibleで勉強しようと思っても、正直他のことに手が伸びちゃってあまり耳に入って来ないんですよね。多分僕だけじゃないと思います。

しかし、環境だけはクソな満員電車ですが、他にやることが無く身動きも取れないので、Audibleに集中せざるを得ないんですね。普段ならあまりAudibleに魅力を感じない・有効活用できないという人も多いかもしれませんが、車内なら誰でも集中できます。間違いないです。

もしあなたが満員電車での通勤に不満を感じているなら、今すぐAudibleに入会しちゃいましょう😊

Audibleがコスパ良いかと言われると正直微妙なところもある

料金は月額1500円 実用書1冊分です。

でもシステムが少し厄介でして、毎月1枚だけ発行されるコインで本を購入することができます。

つまり、1ヶ月に1冊ペースでしか自分の本棚に本が増えていきません。

1度コインで購入した本は半永久的に聴けますし、1度買ったけど微妙だったら返金できます。もちろんコインも返ってきます。

なので、大量の本を読み漁る(聴き漁る?)ことを目的にしている人にはちょっとコスパが悪いです。

しかし、1回聴いて完璧に覚えられる人なんていないと思います。僕も1度聴いて良いな〜と思った本は4、5回ぐらいリピートして聴いてます。

Audibleで学んだ知識で副業を始めて満員電車から脱出しよう

Audibleで学んだ知識で副業を始めて満員電車から脱出しよう

例えば毎日の通勤に往復1時間かかってるとします。すると1週間で5時間、Audible1冊分です。

もしあなたが満員電車大好きマンなら、その5時間をぼーっとして過ごすなり、音楽を聴いて過ごすなりするのが有意義です。

しかし、僕みたいに満員電車が嫌いなのであれば、その5時間を勉強時間として有効活用して、なる早で満員電車に乗らなくても住む生活を手に入れましょう。

言いたいことを簡潔にまとめると、通勤時間に得た知識で副業なり投資を始めましょう。

幸いにも、Audibuleには参考にするべきたくさんの良書があります。

とにかく作業効率を上げてスキルを磨きたい、幅広い分野に足を伸ばしたい方向けには

  • 自分を操る超集中力
  • 早く正しく決める技術
  • 多動力

お金に関する知識を得たい、投資を始めたいという方向けには

  • 臆病者のための億万長者入門
  • 臆病者のための株入門
  • 世界一受けたいお金の授業

 

などなど さらに詳しく知りたい方は下記リンクから

【体験談】Audibleは聞き流すだけでも効果ある

【体験談】Audibleは聞き流すだけでも効果ある

Audibleのコンセプトは「耳で聞く読書」なんですが、そもそも読書が続かない人って多いじゃないですか?その理由はおそらく、読んでいる途中で飽きちゃうからだと思うんですよね。

その気持ちはすごくわかります。僕も活字は苦手です。しかも、全く知らない分野の話になると読んでても意味わからんし、そのわからないことを調べるためにスマホorパソコンを開こうものならもう試合終了です。

そんな僕でも、Audibleは役立つなと感じています。というのも、何もしなくても勝手に流れてくるので、つまらないところはぼーっとしていればいいし、面白いところは自然に聞き入ってしまうんですよね。

また、Audibleのオススメの使い方として、先にAudibleで本の内容を音声として耳に入れておいて、そのあとに活字で目からインプットするのもオススメです。自分がある程度知っている内容であれば、意外と活字でもスラスラ読めるようになりますし、耳から入った断片的な知識が、目から入ってくる情報で次々繋がっていくのは結構爽快感があって、やみつきになりますよ👀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください