プロフィール詳細

どーも、不動産エンジニアの蝦名(@ebijun_re_tech)です!!

本ブログでは、「正しい知識をつけて、人生を豊かにする」ことを目標に
根拠(エビデンス)にもとづいた情報を発信しています!!

まだまだ人生経験の浅い僕ですが、これからの自分の体験を「えびでんす」として発信し
1人でも多くの人の参考になれるように頑張っていきます!!

どんな人?

  • 現在大学4年生(情報学科)
  • 出身は青森、現在は北海道。22年間田舎育ち
  • 来年からは東京でWeb系エンジニア

ざっくり、こんな感じです。
(自分のプロフィールって何書いていいかわからないですよね。。。)

就活でロシアに飛ばされそうになった話

現在大学4年生の僕ですが、エンジニア志望で就活をしていました。
景気の良さもあり、特に就活で挫折するということもなく
ありがたいことに4社から内定を頂きました。

僕の就活時の考えとして、「会社の一番下っ端の人自分の実力者が大きい会社」を選ぼうと決めていました。
差が大きいほど、挫折は多いと思いますが、その分早いスピードで成長出来ると考えていたからです。

その結果、社員規模50人以下の小さなベンチャー企業を選ぶことにしました。
社員の半分が外国人で、なかなか特殊な会社でした。

3月ごろに就活を終えて、4月からリモートでアルバイトを始めていました。
が、めちゃくちゃレベル高くて、正直食いつくことすら出来ていませんでした。

違う会社にすればよかった。。。と思いながらも、その分得られる経験値も大きかったので
顔面真っ青になりながらも毎日頑張っていました。

社員さんはみんな優しかったので、メンタルまではやられなかったです。

そんな絶望の日々が1ヶ月続いたあたりで、本社からとんでもない通達が来ました。

「これからプロダクトの開発は全てロシアに移します。
なのでエンジニアの皆さんはできれば現地(ロシア)で働いてください」

社員も顔面真っ青です(リモートだったのでわかりませんが笑)

真っ青とは言いつつも、みなさん結構怒ってましたね。
勤務地が変わるのはもちろんですが、自分の担当してたプロダクトが知らない人に取られたことに怒ってました。
ベンチャー企業のエンジニアって、自分が担当しているプロダクトに対する愛がすごいんですよね。。。

そんなこんなで、みなさん会社を辞める選択をし、「内定者」という微妙な立場の僕は宙ぶらりんです。

会社の一番下っ端の人自分の実力者が大きい会社」に入ったつもりが
会社の一番下っ端の人がロシア人の会社」になるんですもん。。。

そういうわけで、僕も内定を辞退するという形でその会社とはお別れしました。

その後、内定をくれていた別の会社に連絡をして、なんとか拾ってもらった感じです。

他の人とは違った形で、ドタバタの就活でしたが、無事Web系エンジニアとして働くことになりました。

ちなみに、新しい会社で現在リモートバイト中です。

人生の分岐点

ここから、自分の中で考えが大きく変わった人生の分岐点を紹介します。

大学3年生での失恋

失恋は人を傷つけ、成長させるものです。
僕も失恋から多くを学びました。

端的に流れを紹介すると

  • 3年生当時の夏に、当時1番仲のよかった友達から女友達を紹介される
  • 半年ぐらいいい感じに楽しく遊ぶ
  • 冬休み告白するが玉砕
  • その女の子は実は裏で紹介してくれた友達と付き合っていた

という、よく漫画で見るパターンです。
まさか、自分の身に起こるとは。。。って感じでしたし、めちゃくちゃ病みました。

一番仲の良かった人に裏切られたということもあり、誰とも会いたくない状態が2ヶ月ぐらい続いてました。

が、ふとした瞬間に「このままじゃ俺の子供も同じ道を歩むんじゃ?」という、謎の閃きをします。

失恋後に、パートナーもいないくせに、子供の心配をするという未だによくわからない思考回路ですが
とにかく「自分の子供には今の自分のような絶望を味あわせたくない」という気持ちで吹っ切れてました

そこから

  • 子供を最強にしよう
  • そのためにまずは自分が最強になろう

という前向き思考に生まれ変わりました。

読書との出会い

自分を最強にする思考が生まれてから、とにかく勉強漬けの日々です。

1日の大半を学校で過ごし、プログラミングをしたり、読書をしたりという感じでした。

今まで勉強が嫌いでほとんどしてこなかった自分が、自ら進んで勉強しているなんて信じられませんでしたがめちゃくちゃ楽しかったです。もちろん今も趣味は勉強と言えるぐらい没頭しています。

特に読書は最高で
自分よりめちゃくちゃ頭良い人が数年、数十年かけて考えたことが数時間で自分の知識になるという
もはやチート行為です。最強を目指す人には持ってこいです。

ちなみに僕が一番読んで良かったと思う本はこちらです↓

当時、失恋で人との関わりを断ちかけていたいた僕の考え方を180度変えた本です。

絶対に子供にも読ませると決めています。

これからの目標

僕にとっての「最強」とは何なのか?

僕の中で大まかなライフプランが決まっているので、有言実行のつもりで宣言したいと思います!!

ノマドワーカーになる

「ノマド」とは、遊牧民という意味で
「ノマドワーカー」とは、遊牧民のように特定の場所に住むことなく、各地を転々としながら生活する人です。

エンジニアとノマドワークの相性は良く、パソコンと電波さえあればどこでも仕事をすることができます。

せっかく「エンジニア」という手札があるなら、思う存分有効活用しよう。というのが僕の考えです。

また、ノマドワークにはもう1つの目標があります。

最強の嫁を見つけることです。

遺伝子的に離れた遺伝子を掛け合わせた方が強くて優秀な子孫を残せる
という説がありまして、真偽は定かではないです。

が、僕はこの説を信じているので、自分の人生をかけて検証しようと思っています。

そのために、今の僕がやるべきこととして

  • エンジニアとしての力をつける
  • 英語力を身につける

のが、20代前半の今の僕の目標です。

30代でセミリタイアする

20代で力をつけて、旅をして、30代でセミリタイアをするのが僕の人生の最終目標です。

さっさとセミリタイアして、子供の教育にフルコミットするのが夢です。

そのためには

  • 労働からの解放
  • 経済からの解放

が必須です。

簡単にいうと、「働かなくてもお金が入る状態」です。

めちゃくちゃ難易度は高いけど、無理ではない。と僕は思っています。

もちろん、やろうと思ってもすぐにできるわけではなく、長いスパンで計画を立てることが必要で
その一環として、本ブログ「えびでんす」を立ち上げました。

ブログを通して、労働・経済からの自由を果たしたいと思います。

50代でえびでんす完成

ライフプランが理想通りに進むと

  • 最強の自分
  • 最強の嫁
  • 最強の子供
  • 労働・経済からの解放

が達成されているはずです。

これらの過程を本ブログ「えびでんす」で発信し続けることで、本ブログが同じ目標を持った人にとっての「エビデンス」になるはずです。

あと30年という長い期間ですが、やることはとてつもなく多いので1秒1秒を大事に「えびでんす」を作り上げて行きます!!