MAMPを使いこなしてWebサーバとデータベースを高速で準備

MAMPとはMacApacheMysqlPhpの略称です。Macと言いながらWindowsでも動きます。これさえ入れておけばApacheとMysqlとPHPが動くのでWebの準備が完璧です

Webの技術に関心がある人

Webページでいい感じのシステムを作るためには
Webサーバとデータベースが必要らしいけど
色々複雑そうでよくわからんな〜

 

MAMPを使えば全て解決です
 
 

どーも、不動産エンジニアの蝦名(@ebijun_re_tech)です!

本記事では、MAMPのインストール方法と初期設定を紹介します。

MAMPを使いこなしてWebサーバとデータベースを高速で準備

MAMPとは

MAMPとはMac、Apache、MySQL、PHPの頭文字をとったものです。

Mac環境にApache(Webサーバ)とMySQL(データベース)とPHP(Webページを作るためのプログラミング言語)を一括にインストールしてくれるとてもとても便利なソフトです。

ちなみに、Macとは言いつつもWindowsでも動作します。

MAMPをインストール

公式サイトからソフトをダウンロードします
https://www.mamp.info/en/

画面右上のDownloadsボタンを押します。

MacかWindowsを選べるので、自分の環境にあったものをダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、インストーラの指示にしたがってインストールしてください。

一緒にMAMP PROという有料版もダウンロードされてしまうかと思いますが、個人で使う分には無料版でOKです。

完了するとこのように象さんのアイコンが表示されるかと思います。
(Evernoteのアイコンがややこしい😓)

ソフトを起動するとこんな画面が表示されると思います。

右上のApache ServerとMySQL Serverの隣の丸が緑になっていたらOKです。グレーの場合、何かエラーが起きている可能性があります。

MAMPのMySQLを扱う

MAMPをインストールするとコマンドプロンプトorターミナルからmysqlコマンドが使えるようになりますが、PHPMyAdminというMAMPのツールからグラフィカルに操作することもできます。

まず、MAMPソフトの中央 Open WebStart pageを押します。

すると、MAMPの操作ページがブラウザで開かれます。

DBに接続するための情報(ホスト名、ポート番号等を確認)

そのまま下にスクロールすると、ホスト名、ポート番号、ユーザ名、パスワードなどのMySQLの情報が書かれている部分があります。

phpMyAdminと書かれたリンクをクリックすると、MySQLの操作ページに飛びます。

DB名やテーブル名を確認

phpMyAdminと書かれたリンクをクリックした後の画面です。

画面左側にデータベースやテーブルが表示されています。

新しいデータベースを作成する

では、PHPMyAdminから新しいデータベースを作成します。

左側のメニューの一番上のNewをクリックすると、作成画面に移動します。
Create databaseの下のフォームにデータベース名を入力し、Createボタンを押すとデータベースが作成されます。

新しいテーブルを作成する

新しいデータベースを作った直後は、何もテーブルがない状態です。

データベースを選択すると、直接テーブル作成ページに飛ぶので、テーブル名とカラム数(項目数)を入力してGoボタンを押すとテーブルが作成されます。

ここでは便宜上日本語で入力してますが、英語じゃないとエラーが出るので英語で入力してください

続いて、カラムを設定する画面です。

基本的に左側のNameとTypeとLengthさえ入力すればOKです。
Nameは文字通りカラム名で、何のデータを表します。テーブル名と同様に、英語で書いてください。

Typeですが、大まかにINT(数字)、VARCHAR(文字)、DATE(日付)から選んでおけば大丈夫です。
文字の場合TEXTも選べますが、VARCHARのほうが良いです。

Lengthはとりあえず255を入れておけば困ることはないです。

入力したら、右下のSaveボタンからテーブルを保存します。

もし作成中にカラムが足りなそうになったら、画面上部のAddから適当な数字を入力してカラムを追加することもできます。

以上でテーブル作成が終了して、プログラムやコマンドから操作できるようになります。

SQLを実行する

PHPMyAdminからSQLを実行してテーブルを作成することも出来ます。

例えば、先ほどのテーブルを作るためのSQLは

CREATE TABLE `test`.`test` ( `name` VARCHAR(255NOT NULL , `age` INT(255NOT NULL ,`birth_day` DATE NOT NULL , `address` TEXT NOT NULL ) ENGINE = InnoDB;
こんな感じです。
 
このSQLを実行するためには、画面上部のSQLタブもしくは画面下部のConsoleにSQL文を貼り付けます。
 
同様の手順で、他のSQLを実行することもできます。
 

SQLファイルをインポートする

他のデータベースの情報をSQLファイルに書き出して、それをインポートすることもできます。

画面上部のImportタブを押すとインポート画面になります

ファイル名.sqlというファイルを選択して画面下のGoボタンを押すと、ファイルに書かれているSQL文が実行され、データベースもしくはテーブルが作成されます。

MAMPのWebサーバを使う

ここからは、MAMPをWebサーバとして使う方法を紹介します。

まず、MAMPの設定画面を開きます。

メニュー上部のタブからWev Serverを選ぶとこんな画面になります。

Document Rootに表示されているフォルダにファイルを置くと、Webページとして表示することができます。

Show in Finderをクリックするとフォルダが開かれるので、そこにHTMLやPHPで作ったファイルを設置します。

僕の場合、ドキュメントルート(htdocsフォルダ)内にbookmakerというフォルダを置き、その中に必要なファイルを入れています。

設置後、ブラウザを開いて、URL欄に「localhost:ポート番号」と入力します。ポート番号はメニューのPorts欄に書いています。

MAMPのデフォルトは8888なので、「localhost:8888」と入力すればOKです。

これでWebページが見れるようになります。

ただし、ここで使っているのはlocalhostという、自分のPC内のみで有効なものなので、そのURLを共有しても友人はページが開けないのでご注意ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください