GoogleAppsScriptとは?プログラミング初心者向けに解説する

GoogleAppsScriptは比較的簡単なプログラミング言語で、初心者でも手軽に取り組めるにも関わらず、かなり多くのことが出来ます。本記事では、プログラミング初心者に向けてGoogleAppsScriptを使ってできることを紹介します。

プログラミング初心者

プログラミングを始めてみたいけど 言語がたくさんあってどれを選べば良いかわからないし 開発環境の準備(?)とかめんどくさそうだな〜 なにか手軽にプログラミングに取り組めるものないかな〜
こんな悩みにお答えします。

GoogleAppsScriptが初心者にオススメな3つの理由

まずはじめに、GoogleAppsScriptについて簡単に説明します。 GoogleAppsScriptとは、Googleが提供するプログラミング言語でして 誰でも完全無料で始めることが出来ます。 必要なものは以下の3つだけ!

  • Googleアカウント
  • ネット環境
  • パソコン

この記事を見ている人ならネット環境とパソコンはクリアしてると思うので Googleアカウントだけ用意しておいてください (これも多くの人が持ってるとは思いますが) では早速、初心者がGoogleAppsScriptを学ぶべき3つの理由を紹介します。

Googleのサービスと提携して、自動化ツールを高速で作れる

少しだけ僕のプログラミング論を述べますが 初心者はまず日曜プログラマーを目指すのが良いと考えていて 休日の暇な時間に、少し自分の生活を便利にするツールを作ってみるのが 一番楽しくプログラミングを学べる方法だと思っています。 GoogleAppsScriptは、Googleが提供する

  • Google Map
  • Gmail
  • Google Drive

のようなサービスはもちろん

  • LINE
  • Slack

といった外部サービスとも連携したツールを作ることができます。 僕が作った作品例は後述します。

Googleのサーバ上で動くため、開発環境の準備がいらない

これまで、プログラミング初心者の出鼻をくじいてきたワード「環境構築」 プログラミング言語を自分のパソコン上で動かすために、色々なソフトをインストールする環境構築という作業が必要です。 これが初心者には中々ハードルが高く、調べてる間にやる気を削がれてしまうことが多々あります。 しかし、GoogleAppsScriptはGoogleのサーバ上で動くため、パソコンのブラウザさえあれば準備完了です

ebi
えび

「まずは何か動くものを作ってみる」ためのプログラミング言語として 初心者に最適というわけですな

JavaScriptにそっくりである

JavaScriptとは、プログラミング言語の1つでして これさえ覚えておけば大体なんでもできるという、コスパの良いプログラミング言語です。 しかし便利な反面、初心者がいきなり手を出すには少しハードルが高いです 幸いにも、GoogleAppsScriptは、このJavaScriptを簡略化したようなもので GoogleAppsScriptをはじめに学んでおくと、後々JavaScriptを始めやすいというメリットがあります ちなみに、名前が似ていてややこしいですが GoogleAppsScriptは略してGAS、JavaScriptはJSと呼ばれています。 (ただし、GASで検索するとヒット件数が少なくなるので、正式名称GoogleAppsScriptも覚えておいてください)

初心者必見!!GoogleAppsScriptの始め方

手順としては

  1. Google ドライブにアクセスする
  2. GoogleAppsScriptのファイルを作成する
  3. プログラムを書いていく
  4. プログラムを保存し、実行する

といった流れになります。 では、行くぞ!! まずGoogle ドライブにアクセスします。 次に、画面中央「Googleドライブにアクセス」を押して、ホームを開きます。 ここからGoogleAppsScriptのファイルを作っていきますが、ホーム画面が散らからないように ホーム画面左上「新規」→「フォルダ」から適当な名前のフォルダを作ってください。 (僕は”Scripts”フォルダを作っています) フォルダを作ったら、同じく左上「新規」→「その他」→「Google Apps Script」を選択します。 すると「エディタ」と呼ばれる、プログラムを記述していく画面が表示されます。 ここまでで「環境構築」に当たる作業が終わりました。簡単ですね!

GoogleAppsScriptで「Hello World!」する

いよいよプログラミング作業の開始です!ワクワクしますね!! プログラミングの学習を始めるときは、まず「Hello World!」という文字を画面に表示させるのが通例となっています。 これが出来たら準備完了という、チュートリアルのようなものです。 では。GoogleAppsScriptで「Hello World!」してみましょう 今画面上には

function myFunction() {

}

と表示されています。 それに1行加えて

function myFunction() {   Logger.log(“Hello World!”); }

にしてみてください。 (Loggerの前のスペースは、インデントと呼ばれるもので、プログラムの境目をみやすくするためにわざと空けているものです。) これで、作業完了です! では、実行してみますよ!!! 画面上部の実行ボタン(三角マーク)を押して、 GoogleAppsScriptExecute 適当な名前(hello world)をつけてファイルを保存して、 画面上部タブメニュー「表示」→「ログ」を選択し、 GoogleAppsScriptLog Hello World!! GoogleAppsScriptHelloWorld というわけで、GoogleAppsScriptを使うことができました 簡単でしょう? 一応解説しますと、 Logger.log("")というのが””で囲まれた部分を「ログ画面」に表示する、という命令になります。 これだけでアプリを作るのはさすがに厳しいですが アプリ作成中の確認によく使うコマンドになります。 これから他の命令も覚えて、自分の作業を効率化するオリジナルツールを作れるようになりましょう

GoogleAppsScriptを使ってできること

先ほど述べた通り、GoogleAppsScriptは様々なサービスと連携して 便利なツールを高速で作ることができます。

最後に、僕の作品例を少しだけ紹介します。

GoogleAppsScript + LINE で作るポモドーロタイマー

ポモドーロタイマーとは、作業効率を上げるためのツールでして 25分間の作業+5分の休憩を繰り返すというものです。 僕が作ったものは、LINEでメッセージを送ると、タイマーが作動するというものです↓

GoogleAppsScriptでGmailを予約送信する

Gmailって予約送信が出来ないんですよね またまた僕の話を少ししますが 僕はリモートでプログラム開発のアルバイトをしていまして 勤務開始時と終了時に、メールで連絡しなければいけないんですが 毎日同じ時間に同じ内容のメールを送るのはとても非効率!! というわけで、GoogleAppsScriptを使って自動でメールを送るプログラムをサクッと作っちゃいました 画像で見せるのが難しいので、簡単に仕組みを紹介します 僕の勤務先では、Googleスプレッドシートで↓のようにシフトを管理しています。 GoogleAppsScriptJobShift このスプレッドシートの勤怠時間をGoogleAppsScriptで取得し メールの送信先や件名、本文をあらかじめ設定しておき 勤怠時間になったらそれらを送信する という方法になります。

プログラミングの独学、大変じゃないですか?

プログラミングを独学しているそこのあなた

  • 思い通りにプログラムが動かなくてイライラする
  • エラーをググってもなかなか解決策が見つからない
  • そもそも何から手をつけて良いかわからない

こんな悩みを抱えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、メンターを雇えるサービス MENTA です

メンターとのマッチングがめちゃくちゃ簡単

MENTAを利用すれば、自分のやりたいことを丁寧に教えてくれるメンターと簡単に出会うことができます!

自分が覚えたいスキルセットを持ったメンターを探す

もしくは

自分が覚えたいスキルと予算を提示して、メンターからの連絡を待つ

たったこれだけです!

プログラミングスクールより格安の料金設定

料金はメンター次第ですが、月々1000〜5000円程度(中には0円でサポートしてくれるメンターも!!)

ebi
えび

プログラミングスクールの月額は平均3万円とされている中で、5000円程度でメンターを雇えるのはかなり格安です!!

ぜひMENTAを活用してスキルアップを目指しましょう!!

 

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください