実質無料で読書をしまくる方法

大学生の間に読むべき本7選
読書は比較的お金がかからないわりに、得られるものが多い、かなりコスパの良い趣味です。しかも、うまくやればお金を回収することもできます。本記事では、実質無料で読書をする方法をご紹介します。

どーも、新卒エンジニアのえびじゅん(@ebijun1007)です!!

年間300冊ぐらい読書をしている僕ですが
読書ほどコスパの良い趣味はないと思います。

少し工夫をするだけでコストは抑えられますし、実質無料も不可能ではないです。

読書さえしておけば世界は広がるので、ガンガン読書をしていきましょう。


図書館を使いまくる

図書館を使いまくる

一番簡単なのが、図書館を使いまくることです。

大学生であれば、大学の図書館が一番便利ですね。

とりあえず借りてみる 読むか読まないか決めるのはその後

僕の大学では、同時に10冊まで借りることができ、延滞しなければ無限に借りれたので
背表紙を見て少しでも気になったらとりあえず借りてました。

読む/読まないは借りた後から考えても遅くないですよ

面白い本の中で引用されていたものはメモしておく

「この本面白いな〜」と思い始めたら、その本の中で引用されているものもメモしておきましょう。

意味合いが近い知識をまとめて取り入れることで、頭の中が整理されて情報を引き出しやすくなります。

本単位で頭の中を整理するとスッキリしますよ

中古本を買って、読み終わった1ヶ月後に売る

中古本を買って、読み終わった1ヶ月後に売る

ある程度内容がわかっていて、「買ってでも読みたい」と思えるものはどんどん買っちゃいましょう。

新品/中古で内容が変わるわけではないので、気にしないなら中古本を買い漁るのがオススメです。

読み終わった本は、1ヶ月程度は振り返りのために手元に置いておくのが良いですが

それ以降は、手元にあっても”かさばる”ので売ってしまって、次の本を買うための資金に変えましょう。

記憶に残りやすい読書振り返り術

1度読んだ本の内容、覚えていますか?

本の中身を長期的に覚えるためには
読み終わった次の日に振り返る
のが効果的です!

学生時代のテストで
テスト中:「この問題なんだったっけ?」→テスト返却後:「あーこれこれ!思い出したわ〜」
っていう答案は結構覚えていませんでした?

あれと同じで、もう少しで思い出せそうだけど思い出せないという「悔しさ」のようなものが記憶に役立ちます。
読書も同じで、読み終えてすぐではなく、次の日に内容を思い出しながら「答え合わせ」のつもりで振り返ると効果的に内容を覚えることができますよ

Kindleで本を読む

Kindleで本を読む

電子媒体で本を読むことに抵抗が無ければ、Kindle本がオススメです。

Kindle本は通常の価格より安く買えるので
幅広く色々な本を読みたい人はKindleにまとめておくのがかさばらなくて良いですね

デメリットは本を売ることができないことですね

また、Amazon Prime会員なら、毎月1冊無料で読むことができます。

また、月額980円で読み放題のKindle Unlimitedというサービスもあります

30日間の無料体験もできますので、Kindleをお持ちの方はぜひ体験してみてください。
(読み放題と言われると、意外と読まなくなってしまいますが笑)

Kindleを購入したい方はこちら

ちなみにKindleを買うならPaperwhiteが一番読みやすいかと思います。

本のレビューを書く

本のレビューを書く

読んだ本は、振り返りの意味も込めてブログ等でレビューを書きましょう。

その際にアフィリエイトリンクも貼っておけば、コストを回収できるかもしれません。

本のレビューの書き方

レビューを書くのは意外と難しいですが

「この章から1行抜き出すならここ」というものを各章分書けば文量的にもちょうど良いと思います。

その際に、自分の考えの変化や、体験との照らし合わせをすると
レビューの読者に内容が伝わりやすくなり、自分の記憶の整理にも繋がります。

当然ですが、読んでない本のレビューはクソなのでやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください