新卒でWeb系エンジニアに就職した僕の業務を紹介します

Webエンジニアの業務を知りたい人

最近Web系企業でエンジニアをするのがアツいらしいけど
実際どんな業務をしているんだろう
 
 
こんな悩みにお答えします。
 
 
 
こんにちは、えびじゅんです。
 
本記事では、Web系企業に就職をしてエンジニアになりたい人向けに、新卒で自社開発のWebエンジニアに就職した僕の業務を紹介したいと思います。
 
では、いくぞ!!
 

Webエンジニアの仕事はWebシステムを作ること

当たり前ですが、Webエンジニアの仕事はWebシステムを作ることです。

僕の場合ですと、社内システムの開発ですので、エンジニア以外の社員が使うシステムを作っています。

基本的にシステムの保守がメイン

Webシステムを作るというと、毎日新しい機能を追加してどんどんシステムを便利にしていくイメージをすると思います。

残念ながら、基本的には保守がメインです。

 

システムが動かなければ、他の部署が仕事できなくなってしまうので、まずは確実にサービスが動くことに尽力します。

ユーザ(他の社員)から要望が来たら都度修正していく

自社開発ですので、ユーザは自社の他部署の社員になります。

 

なので、他部署の業務フローが変わったらその都度要望が来て、それに合わせてシステムの機能を修正していく形です。

ぶっちゃけ技術力はそこまでいらない。大事なのはチーム開発力

 

先ほど紹介した通り、メインの仕事は要望が来て機能修正をすることです。が、既存のコードを読んでコピペしたり少し直せば済むことが多いので、正直なところそこまで技術力は必要ないのかなと思っています。

それよりもチームで開発することを意識できる力のほうが大事かなと思います。

 

チーム開発力とは、自分の個性を極限まで減らすこと

上記の通り、実際の業務はコピペで済むことが多く、自分で0からソースコードを書くと言う作業はそこまで多くないです。

 

ここで大事なのが、ソースコードから極限まで自分の個性を減らすことです。

もっと簡単に言うと、誰が読んでも読みやすく、再利用しやすいコードを書くことです。

 

誰もが使いやすいコードを書いておくことで、同じ箇所を修正する時に自分はもちろん、他のエンジニアの工数を減らすことができます。

仕事をする上でこれは一番大事なことと言っても過言ではないので、できるだけ簡潔なコードを書くようにしましょう。

チーム開発に必要なツールに慣れておく

意外かもしれませんが、エンジニアの業務は基本的にチームでの作業です。

なので、エンジニアとして業務に携わるためには、エンジニアがよく使うツールに慣れておく必要があります。

具体的には

  • Git(Github)
  • Slack

の2つを押さえておけば良いかなと思います。

Gitとは

Gitとは、バージョン管理システムのことで、みんなで同じソースを編集するときに良い感じに管理してくれるシステムです。

Gitを覚えるためにはこちらのサイトがとても参考になります。

 

Slackとは

Slackとは、コミュニケーションツールで、簡単に言うとチャットツールです。

イメージとしてはLINEと同じようなツールで、個人同士のチャットや、グループを作成してグループチャットをすることができます。

Slackの利点としては、グループに途中から参加した場合でも過去のやりとりを遡って読むことができるので、昔どんな作業が行われていたのか簡単に把握することができます。

 

結論、コミュニケーションが取れればなんとかなる

エンジニアに就職するとなると、ハードルが高い気がしますが、正直コミュニケーションさえ取れればなんとかなるかなと思っています。

というのも、他の職業と同じで、働きながらスキルアップしていくのが前提なので、入社前にどれだけスキルが高かろうと社員と意思疎通できなきゃどうしようもないからです。

少しネックなポイントをあげるとしたら、エンジニアはクセが強い人が他の職業に比べて多い気がしますので、その点は難しいところがあるかもしれません🤭

 

最低限プログラミングの基礎は身につけておきましょう

繰り返しになりますが、そこまで技術力は必要ではないですし、コミュニケーションが取れれば働く上では十分かなと思います。

とはいえ、全くプログラミング触ったことないですという人が入社してきても正直扱いにこまるので、プログラミングの基礎ぐらいは最低限身につけておくべきです。

どれぐらいが基礎かというと

  • 何かしらの言語を使ってプログラミングをしたことがある
  • Gitの基礎を理解し、Githubの操作も大丈夫

ここまでは最低限できていて欲しいところです。

さらに欲を言えば

  • Gitを利用してチーム開発を経験したことがある。
  • 自分で作ったシステムをリリース(公開)したことがある

ここまでできていると仕事では困らないかなと思います。

独学でプログラミングの基礎を身に着けるためには

独学でプログラミングの基礎を身につけるためには、やはり手を動かして自分で0からシステム開発を経験してみるのが一番早いかと思います。

しかし、独学で変なクセがついてしまうと、それもまた厄介です。

 

オススメの独学方法としては、TwitterやQiitaなどで頻繁にアウトプットしているエンジニアを1人フォローして、その人を徹底的に真似することです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新卒で入社前にロシアに飛ばされかけたので、内定を辞退し、なんやかんやWeb系エンジニアとして就職先が決まりました。飽き性で、ずっと同じ場所に住んでいると嫌になるので、色々なところを転々して旅しながら生きるのが夢です。